第5戦決勝
隊列を引っ張るトヨタ7号車(左)と同8号車(右)だが、ハンディは重く勝てなかった(トヨタ提供)
隊列を引っ張るトヨタ7号車(左)と同8号車(右)だが、ハンディは重く勝てなかった(トヨタ提供)
 世界耐久選手権(WEC)第5戦の決勝(6時間)が23日、米国テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で開かれ、トヨタガズーレーシングは2、3位に終わった。成績に応じてハンディを受けるサクセスハンディキャップ制度が響き、レベリオン1号車の独走を許した。それでも3位に入っ.....
【ログインして続きを読む】