ヤマハワークス入りの発表を待つばかりの野左根航汰は最終日に31ラップをこなし、ベストタイムは2分4秒8と自己ベスト更新した。最後にレースシミュレーションに挑んだが、スコールで中断となった。吉川和多留監督は「メニューは順調に消化できたと思うが、最後のレースシミュレーションができなかったのが残念。課.....
【ログインして続きを読む】