最終戦決勝
 【鈴鹿サーキット ペン=鶴田真也、佐藤洋美】 ST600を制した前田は表彰台で絶叫。ポールポジションから2位でゴールし、「めちゃくちゃうれしいで〜す」と喜びを表した。

 同クラス参戦4年目。昨季はランキングトップで最終戦に臨むも1周目に転倒、タイトルをふいにした。今年は優勝こそ岡本裕生(ヤマハ.....
【ログインして続きを読む】