最終戦特別スポーツ走行で2番手タイム
レース活動に終止符を打つ中山愛理だが、もう気持ちは固まった(赤松孝撮影)
レース活動に終止符を打つ中山愛理だが、もう気持ちは固まった(赤松孝撮影)
 全日本ロードレース選手権最終戦(3日決勝)に向けた特別スポーツ走行が31日、三重県の鈴鹿サーキットで開かれ、今季限りでレース活動に終止符を打つことを明かしたJGP3の中山愛理(21)が2番手タイムを記録した。24日に自身のツイッターでラストレースと発表し、コメント欄が炎上する騒動に発展していた。.....
【ログインして続きを読む】