最終戦MFJGP ST600予選
PPを獲得した荒川晃大
PPを獲得した荒川晃大
 三重県・鈴鹿サーキットで行われている最終戦MFJGPは2日、ST600クラス公式予選を行い、MOTOBUM HONDAの荒川晃大が2分11秒810でトップタイムを記録、ポールポジションを獲得した。

 2番手はAKENO SPEED・YAMAHA南本宗一郎、3番手は日本郵便HondaDream .....
【ログインして続きを読む】