第21回アジアクロスカントリーラリーレグ4
転倒もSSトップタイムをマークした池町(カメラ=高橋学)
転倒もSSトップタイムをマークした池町(カメラ=高橋学)
 【シアヌークビル〜プノンペン(カンボジア)河村大】第21回アジアクロスカントリーラリーは17日、超高速コースの31kmと94kmの競技区間(SS)のレグ4が当地で設定され、日本勢が大奮闘した。2輪で池町佳生(ヤマハ)、前田啓介(KTM)、泉本拓也(ハスクバーナー)がSSトップ3を独占し、4輪も新.....
【ログインして続きを読む】