マシンの感触を伝える青木拓磨(左)。隣はチームメートの佐野=栃木県のツインリンクもてぎで(鶴田真也撮影)
マシンの感触を伝える青木拓磨(左)。隣はチームメートの佐野=栃木県のツインリンクもてぎで(鶴田真也撮影)
 元グランプリライダーで現在は車いす生活をしながら4輪活動を続ける青木拓磨(42)が、アジア地区で展開される国際選手権「アジアンルマンシリーズ(AsLMS)」に初参戦することが7日、明らかになった。12月2〜4日に富士スピードウェイ(静岡)で開催される第2戦から日本のSKADレーシングの一員として.....
【ログインして続きを読む】