3年連続のアジカン参戦発表で仰天構想
元気いっぱいの篠塚建次郎(後列左)とナビゲーターのEJ千葉(同右)。前列はメカニックを務める中央自動車大学校の(左から)鈴木航太さん、脇田寛之さん、上條拓人さん、橋場鷹彦さん(鈴木伸夫撮影)
元気いっぱいの篠塚建次郎(後列左)とナビゲーターのEJ千葉(同右)。前列はメカニックを務める中央自動車大学校の(左から)鈴木航太さん、脇田寛之さん、上條拓人さん、橋場鷹彦さん(鈴木伸夫撮影)
 1997年に日本人初のダカールラリー優勝を果たした篠塚建次郎(68)が12日、茨城県筑西市の下館オフロードパークで記者会見し、8月にタイで開かれるアジアクロスカントリーラリー(アジカン)に3年連続で参戦すると発表した。

 スズキ・ジムニーでの総合優勝を目標に掲げるとともに、生涯現役を改めて宣言.....
【ログインして続きを読む】