第22回アジア・クロスカントリー・ラリー レグ4
ミスコースのため総合首位から1時間差となってガックリの拓磨(右)
ミスコースのため総合首位から1時間差となってガックリの拓磨(右)
 【ナコンサワン(タイ)〜ペチャブン(同) ペン=河村大 カメラ=高橋学】渾身(こんしん)の一発は決まらなかった。250・57キロにも及ぶ今大会最長の競技区間(SS)で勝負に出たクルマいすドライバーの青木拓磨(トヨタ・フォーチュナー)は、2度のミスコースでSS9番手。総合は4位のままだが、首位のナ.....
【ログインして続きを読む】