モータースポーツ振興議連を訪ねた(前列左から)トライアルの小川友幸、SGT、SFの福住仁嶺と坪井翔。(後列左から)秋本真利衆議院議員、三原じゅん子参議院議員、元F1ドライバーの山本左近、古屋圭司衆議院議員、中山泰秀衆議院議員(佐藤洋美撮影)
モータースポーツ振興議連を訪ねた(前列左から)トライアルの小川友幸、SGT、SFの福住仁嶺と坪井翔。(後列左から)秋本真利衆議院議員、三原じゅん子参議院議員、元F1ドライバーの山本左近、古屋圭司衆議院議員、中山泰秀衆議院議員(佐藤洋美撮影)
 自由民主党モータースポーツ振興議員連盟の総会が13日、東京都千代田区の党本部で開かれ、2020年の世界ラリー選手権日本大会誘致に向けた報告があった。大会名称を「ラリージャパン」として愛知県長久手市の愛・地球博記念公園内に本部を置き、愛知、岐阜県に競技区間を設定する概要案が示された。

 同ラリー.....
【ログインして続きを読む】