第3戦鈴鹿
 予選落ちマシンを決める時間レース「セカンドチャンス100」が開かれ、各クラスの最下位車両1台ずつが敗退した。参加は各クラスの予選下位タイムのマシン計12台。3台が出走したSTXクラスは予選からのマシントラブルが解消されなかったハブオートの吉本大樹組(フェラーリ488)が予選落ちとなった。(碓氷英.....
【ログインして続きを読む】