第2戦専有走行
4番手タイムを記録した星野一樹のGT−R(多賀まりお撮影)
4番手タイムを記録した星野一樹のGT−R(多賀まりお撮影)
 メインのスーパー耐久第2戦は専有走行が開かれ、STXクラスで開幕戦を制したGTネットの星野一樹(40)組(日産GT−R)は4番手タイムをマークした。前戦の勝利で最重量となる30キロのウエートハンディを背負うものの、星野は「クルマ自体の調子は良い。このまま勝てそうだったら勝ちにいきたい」と話した。.....
【ログインして続きを読む】