富士24時間耐久
 最激戦区のST4で勝利をつかんだのはオートファクトリーのたしろじゅん組(トヨタ86)。終盤まで林テレンプの平中克幸組(同)に2周差をつけられていたが、相手がピット作業時間の違反で2度も立て続けにピットストップのペナルティーを受けて自滅。残り40分で形勢をひっくり返してトップに立った。ゴール役を務.....
【ログインして続きを読む】