第5戦決勝
 【富士スピードウェイ ペン=田村尚之、碓氷英靖】 ニスモの松田次生(日産GT−R)がセルモの猛追をしのぎきって2位でゴールした。「つらかった…。もう必死だった」と漏らすが、“日本一抜くのが難しいドライバー”と言われる通り、目が後ろについているような老練さだった。これで総合首位のジェームス・ロシタ.....
【ログインして続きを読む】