第5戦富士GT500マイルレース予選
ピットを出るニスモGT−R。ハンディをものともせずに最速タイムをマークした
ピットを出るニスモGT−R。ハンディをものともせずに最速タイムをマークした
 【富士スピードウェイ ペン=鶴田真也 カメラ=多賀まりお】日産GT−Rを駆るニスモの松田次生(39)とロニー・クインタレッリ(38)=イタリア=のコンビが今季初ポールポジション(PP)を獲得した。当地で開かれた第2戦で優勝するなどして62キロ相当のウエートハンディを背負うなか、予選最終ラウンドの.....
【ログインして続きを読む】