第5戦富士GT500マイルレース決勝
 【富士スピードウェイ ペン=田村尚之】 サーキットからため息が漏れた。55周目に首位に立ってからレースの主導権を握ったインパルの日産GT−Rが、2年ぶりの勝利まであと一息で力尽きた。148周目にエンジンの吸気系部品のトラブルで失速、ガレージで修理して再びコースに戻ったが、2周遅れの12位だった。.....
【ログインして続きを読む】