恒例「ニスモGP」
 スーパーGT(SGT)500クラスの松田次生(39)が今季の鬱憤(うっぷん)を晴らした。SGTとスーパー耐久のマシンが戦う恒例の「ニスモGP」に出走。他カテゴリーのマシンよりも多くピットストップするなどのハンディをものともせずに優勝した。SGTでは今季、日産勢で最高位のランキング8位で終えた。「.....
【ログインして続きを読む】