日産は伝統のGT−Rを継続し、13年目の参戦となる。ニスモの松村基宏最高執行責任者は「3年に一度の開発できる機会。これまで積み重ねてきた努力やフィードバックを生かし、性能向上した姿を見せたい」と話す。部品供給の遅れなどで車両製作が心配されたが、無事お披露目に間に合った。今年はGT−R誕生50周年.....
【ログインして続きを読む】