部品トラブルで初戦不完全燃焼
スーパーGT第2戦特集
開幕戦でポールを奪ったARTAのNSX(ホンダ提供)
開幕戦でポールを奪ったARTAのNSX(ホンダ提供)
 開幕戦の予選で雨のアシストを受けたもののARTAがポールポジションを獲得したホンダNSXだが、スタートを切る前に電装部品の不具合が発生。結局、予選で部品交換した無限以外は全て同じトラブルに苦しめられる悪夢を見た。

 ホンダの佐伯昌浩GTプロジェクトリーダーは「シーズン開幕で幸先の良いスタートを切るムードの中、申し訳ない気持ちでいっぱい」。過去3年トラブルが起きなかった部品に問題が多発するとは思いもしなかった。

 ただし、この3年、戦闘力不足で苦しんだNSXは生まれ変わった。「レースで強いクルマ造り」をテーマに開発した今季モデルは速さを取り戻し、ARTAの野尻智紀は「オフシーズンに取り組んできた事が予選に出て、パフォーマンスも確実に上がってきている」と手応えをつかんだ。

 そんな屈辱を晴らすのに富士は持ってこい。レクサスの牙城を崩すのは容易ではないが、佐伯リーダーは「第2戦に向けて万全の対策を施す」と言い切る。ホンダのエース格となるクニミツの伊沢拓也も「完走から始めるしかないが、諦めることなく準備をしたい」。上昇ムードだった開幕戦をやり直す。