“3強”がトップ3占拠〜チーム・シンスケも14位完走
第34回大会決勝速報
逆転で5年ぶりに優勝したFCC・TSRの(左から)伊藤、秋吉、清成(カメラ=北村彰)
逆転で5年ぶりに優勝したFCC・TSRの(左から)伊藤、秋吉、清成(カメラ=北村彰)
 FCC・TSRが逆転V! 2011年鈴鹿8時間耐久ロードレースは31日、三重県・鈴鹿サーキットで決勝を行い、FCC・TSRの秋吉耕佑/伊藤真一/清成龍一組(ホンダ)が4番グリッドから逆転、217周/8時間00分50秒922で06年以来、5年ぶりとなる優勝を飾った。東日本大震災の影響により、例年よ.....
【ログインして続きを読む】