ヨシムラ・ウォーターズも笑顔〜巧は表彰台100%キープ
トップ3会見
5年ぶりの優勝に喜ぶFCC・TSRの(左から)伊藤と秋吉。シャンパン・ファイトを楽しんだ(カメラ=北村彰)
5年ぶりの優勝に喜ぶFCC・TSRの(左から)伊藤と秋吉。シャンパン・ファイトを楽しんだ(カメラ=北村彰)
 第34回鈴鹿8時間耐久レース決勝トップ3の会見が31日、興奮冷めやらぬ三重県・鈴鹿サーキットで行われ、06年以来となる優勝を飾ったFCC・TSRの秋吉耕佑/伊藤真一/清成龍一組(ホンダ)が激戦を終えてホッとした表情をのぞかせた。

 秋吉は絶対的エースとしてチームをけん引、チームに5年ぶりの優勝.....
【ログインして続きを読む】