チームカガヤマ首位奪取、ヤマハファクトリー2番手
決勝スタート30分経過
 第39回鈴鹿8時間耐久ロードレースは31日、三重県・鈴鹿サーキット(5.821km)で午前11時30分、決勝レースがスタート。全68台がル・マン方式スタートし、一斉に1コーナーへ飛び込んだ。

 ホールショットを奪ったのは、2年連続チームカガヤマの清成龍一(スズキ)。14周を周回し首位を走行。2.....
【ログインして続きを読む】