ボルドール24時間予選
TSRの伊藤真一(TSR提供)
TSRの伊藤真一(TSR提供)
 【ルボーセ(フランス)佐藤洋美】2輪の世界耐久選手権開幕戦「ボルドール24時間」は16日、ポールリカールサーキットで予選2回目を行ったが、ウエットとなり、1回目の結果で55台のグリッドが決定した。GMT94ヤマハのデビッド・チェカ組がPP。TSRホンダの伊藤真一組は4番手。エヴァンゲリオン初号機として参戦するカワサキ・トリックスターの出口修組は7番手。伊藤は「コースの攻略法を考えるのは楽しい」と意欲満々だった。