EWCの参戦発表会
TSRの(左から)藤井正和監督、アラン・テシェ、ダミアン・カドリン、グレッグ・ブラック(佐藤洋美撮影)
TSRの(左から)藤井正和監督、アラン・テシェ、ダミアン・カドリン、グレッグ・ブラック(佐藤洋美撮影)
 TSRホンダは4日、三重県鈴鹿市内の同チームの施設で世界耐久選手権(EWC)の参戦発表会を開き、新しいライダーラインアップを発表した。昨年9月に開かれた2016−17年シーズン開幕戦は伊藤真一も名を連ねていたが、4月の第2戦以降はダミアン・カドリン/アラン・テシェ/グレッグ・ブラックのトリオで挑む。藤井正和監督は「最終戦の鈴鹿8耐は未定だが、そこまではこの3人で戦う。8耐優勝と世界タイトルを目指す」と語った。

 ★トリックスターも体制発表 EWCにフル参戦するトリックスターは3日、公式ホームページで今季の体制を発表。9月の開幕戦と同じ出口修/井筒仁康/エルワン・ニゴンのトリオ。鶴田竜二監督は「開幕戦で3位になれたのでその上を目指す」と決意を込めた。