ヤマハファクトリーが3年連続でポールポジション獲得
第40回鈴鹿8耐最終予選結果
3年連続ポールポジションを獲得したヤマハファクトリー(末信和也撮影)
3年連続ポールポジションを獲得したヤマハファクトリー(末信和也撮影)
 第40回鈴鹿8時間耐久ロードレースは29日、予選上位10チームによるトップ10トライアルが行われ、ヤマハファクトリーの中須賀克行が最速タイムをマーク、3年連続でヤマハファクトリーが決勝レースのポールポジションを獲得した。

 2番手はヨシムラスズキ、3番手はカワサキ・チームグリーンの順。ホンダ勢で注目のハルクプロは5番手となった。


◇トップ10トライアル結果◇

順位 チーム/ライダー/タイム
1  ヤマハファクトリー/中須賀克行/2分6秒038
2  ヨシムラスズキ/津田拓也/2分6秒282
3  カワサキ・チームグリーン/レオン・ハスラム/2分6秒381
4  TSRホンダ/ドミニク・エガーター/2分6秒600
5  ハルクプロ・ホンダ/中上貴晶/2分6秒671
6  YARTヤマハ/ブロック・パークス/2分7秒634
7  モリワキ/高橋裕紀/2分8秒041
8  ホンダ鈴鹿レーシング/日浦大治郎/2分8秒178
9  チームカガヤマ/ハフィズ・シャーリン/2分8秒616
10 ホンダ・チーム・アジア/ディマス・エッキー・プラタマ/2分9秒966