FIM世界耐久選手権 最終戦
 【鈴鹿サーキット ペン=田村尚之、遠藤智、佐藤洋美】 15年ぶりにエントリーした阪神ライディングスクールのエース柳川明(46)が決勝を欠場することになった。初日の夜間走行で転倒して脳振とうを起こしドクターストップがかかった。レースは西嶋修/松崎克哉の2人で挑む。