FIM世界耐久選手権最終戦 決勝
本田監督「ベストは尽くした」
ピットでフィニッシュを迎えたハルクプロの中上(中央)。本田監督(左から2人目)はスタッフをねぎらう
ピットでフィニッシュを迎えたハルクプロの中上(中央)。本田監督(左から2人目)はスタッフをねぎらう
 【三重県・鈴鹿サーキット ペン=田村尚之、遠藤智、佐藤洋美 カメラ=河口貞史、大橋脩人】 ホンダの新型CBR1000RRを手にしたハルクプロは3年ぶりの8耐制覇を狙ったが、2周遅れの4位に終わった。スタートを担当した高橋巧はヤマハの中須賀とマッチレースを繰り広げてジャック・ミラーにバトンを渡した.....
【ログインして続きを読む】