最終戦の鈴鹿8耐で年間王者だ
ランク首位守る
さあ、チームの地元鈴鹿で戴冠だ!今季2勝目を喜ぶTSRの(左から)フック、フォレ、藤井正和総監督、テシェ(ブリヂストン提供)
さあ、チームの地元鈴鹿で戴冠だ!今季2勝目を喜ぶTSRの(左から)フック、フォレ、藤井正和総監督、テシェ(ブリヂストン提供)
 2輪の世界耐久選手権(EWC)2017−18シーズンの第4戦「オシャースレーベン8時間」の決勝が9日、オシャースレーベンサーキット(ドイツ)で36台によって行われ、2番グリッドの「FCC TSRホンダ・フランス」が逆転で今季2勝目を挙げた。8時間で312周を周回し、2位の「チームSRCカワサキ」.....
【ログインして続きを読む】