2輪の世界耐久選手権(EWC)第4戦「オシャースレーベン8時間」の決勝が9日、オシャースレーベンサーキット(ドイツ)で36台によって行われ、2番グリッドの「FCC TSRホンダ・フランス」が逆転でシーズン2勝目を挙げた。8時間で312周を周回し、2位の「チームSRCカワサキ」に48・355秒差を.....
【ログインして続きを読む】