「KRP三陽工業&RS−ITO」参戦体制
「KRP三陽工業&RS−ITO」左から石塚健、岡村光矩、新庄雅浩
「KRP三陽工業&RS−ITO」左から石塚健、岡村光矩、新庄雅浩
 カワサキのプライベートトップチーム「KRP三陽工業&RS−ITO」は、鈴鹿8耐参戦24回目を数える。近年はSSTクラス(改造範囲が狭く、市販車に近い車)で2015年は3位、16年に優勝、17年は2位と上位につけている。

 伊藤一成監督は「ピットワークを速くアベレージを上げて、厳しいだろうが、2.....
【ログインして続きを読む】