チームHRC首位浮上、チームグリーンが2番手
決勝スタート30分経過
 第41回鈴鹿8時間耐久ロードレースは29日、三重県・鈴鹿サーキットで午前11時30分に決勝レースがスタート。スタート直前に雨が降り出しウェットコンディションのなか、全64台がル・マン方式スタートし、一斉に1コーナーへ飛び込んだ。

 正午現在でトップはチームHRC高橋巧、12周を周回して現在も首位を走行。2番手には、PPのカワサキ・チームグリーンのレオン・ハスラム、続く3番手にはヨシムラのシルバン・ギントーリがつけている。

 4連覇を狙うヤマハファクトリーのマイケル・ファンデル・マークは4番手。