ファンミーティング
ファンミーティングを開いたTSRの(左から)マイク・ディメリオ、フレディ・フォレイ、藤井正和監督、ジョシュ・フック(斉藤直己撮影)
ファンミーティングを開いたTSRの(左から)マイク・ディメリオ、フレディ・フォレイ、藤井正和監督、ジョシュ・フック(斉藤直己撮影)
 2輪の世界耐久選手権(EWC)の2017−18シーズンで日本チーム初の王者に輝いた「FCC TSRホンダ・フランス」の凱旋(がいせん)ファンミーティングが15日、東京都内で開かれ、藤井正和監督(59)が連覇を誓った。「来年も鈴鹿8時間耐久レース(EWC18−19年シーズン最終戦)で2連覇達成を目指す。条件がそろえば優勝して決めたい」と意気込んだ。

 今季の開幕戦となった9月の仏ボルドール24時間も優勝する幸先の良いスタートを切った。今月13、14日には岡山県の岡山国際サーキットでジョシュ・フック(25)=オーストラリア、フレディ・フォレイ(34)=フランス、マイク・ディメリオ(30)=同=の3選手がプライベートテストを実施。来年4月に開かれる第2戦の仏ルマン24時間の連勝を誓った。 (佐藤洋美)