第2戦ルマン24時間
 2輪の世界耐久選手権第2戦「ルマン24時間レース」は18、19日の両日、仏ルマンのブガッティサーキットで予選が行われ、2連覇を狙うTSRホンダフランス(藤井正和総監督)が総合7番手につけた。ライダー3人の平均タイムは1分37秒497で、ポールポジションを獲得したERC−BMWとの差はコンマ9秒ちょうど。同チームは「決勝への延長戦。無理に攻めることは念頭にない」とした。

 出口修(45)らを擁するカワサキ系のタティチームトリックスター(鶴田竜二監督)は18番手。決勝は20日スタート。