総合35位でシリーズランク6位に転落
 2輪の世界耐久選手権第2戦「ルマン24時間レース」は20〜21日、仏ルマンのブガッティサーキットで決勝(出走59台)が開かれ、2連覇を狙った日本チームのTSRホンダフランス(藤井正和総監督)は総合35位に終わった。2度の転倒などで優勝戦線から外れ、完走するもトップから100周遅れだった。

 「.....
【ログインして続きを読む】