2輪の世界耐久選手権の2021−22年カレンダーにスパ24時間レース(ベルギー)が加わることが16日までに決まった。舞台はスパフランコルシャンサーキットで3年後の22年6月上旬に開催される。同コースでのシリーズ開催は2003年の「リエージュ24時間」以来、19年ぶりとなる。同サーキットのメルショール・ワシュレ会長は「2輪の耐久レースが戻ってくることはわれわれの多角化戦略に不可欠」とコメントした。