第42回鈴鹿8時間耐久ロードレース(7月28日決勝)に向けた公開合同テストが9日、三重県鈴鹿サーキットで始まった。

 曇り空に時折、小雨がぱらつく天候のなか、56チームが参加。18年ぶりのファクトリー復活となった「カワサキレーシングチーム」は不在だが、ヤマハファクトリーやヨシムラスズキ、レッドブル・ホンダといった有力チームはエースライダーをそろえ、入念にマシンの調整を進めている。

 公開合同テストは11日まで。
YouTube【2019 鈴鹿8耐】公開合同テスト初日を超ダイジェストでお届け