カワサキ、ジョナサン・レイが首位奪取
 鈴鹿8耐は、午後3時30分を過ぎて折り返しの4時間が経過。トップグループのカワサキ、ヤマハ、ホンダの3チームがデッドヒートを繰り広げ、4時間経過時点でのトップはカワサキのジョナサン・レイで、2番手ヤマハ中須賀克との差は約6秒。続く3番手はホンダのステファン・ブラドルがつけている。

 4番手がT.....
【ログインして続きを読む】