第42回鈴鹿8時間耐久決勝
 第42回鈴鹿8時間耐久ロードレースは28日、三重県・鈴鹿サーキットで決勝を行い、午後7時30分のチェッカー直前、それまでトップを走行していたカワサキのジョナサン・レイが転倒し、赤旗終了。暫定ながら2番手を走行していたヤマハが繰り上げ優勝となった

 2番手はホンダ、3番手はTSRが入った。
【2019 鈴鹿8耐】カワサキが26年ぶり優勝!表彰式後に結果変更の裁定