監督やノリック、国さんらも参列〜ジベルノーは“74”背負う
しめやかに通夜
祭壇には大ちゃんの笑顔の遺影が飾られ、多くの人たちが別れを惜しんだ(カメラ=梅津忠之)
祭壇には大ちゃんの笑顔の遺影が飾られ、多くの人たちが別れを惜しんだ(カメラ=梅津忠之)
 故加藤大治郎選手(享年26)の通夜が21日、東京・台東区の寛永寺輪王殿でしめやかに営まれ、約1500人の人が別れを惜しんだ。通夜は午後6時に始まり、ホンダから吉野浩行社長、福井威夫専務ら役員が沈痛な面持ちで参列。ノリックこと阿部典史(ヤマハ)、所属チームのF・グレッシーニ監督ら計7人のスタッフも.....
【ログインして続きを読む】