フランスGPで左鎖骨骨折
全治4週間、イタリアGPは欠場
 ロードレース世界選手権(WGP)第4戦フランスGPの土曜日のフリー走行(16日)で転倒、左鎖骨を骨折したS・ジベルナウ(ドゥカティ)が18日、バルセロナ市内の病院で、骨折した個所をプレートで固定する手術を受けた。19日には退院の予定だが、全治4週間で次戦イタリアGP(31日決勝)は欠場する。