東は今シーズン最高の5位〜宇井は粘って18位
第14戦マレーシアGP125CC決勝結果
初チャンピオンを決めたペドロサ(中央)。左はカリオ、右はロレンゾ(AP)
初チャンピオンを決めたペドロサ(中央)。左はカリオ、右はロレンゾ(AP)
 ロードレース世界選手権(WGP)第14戦マレーシアGPは12日、クアラルンプール郊外のセパン・サーキットで125CCの決勝を行い、D・ペドロサ(ホンダ)が19周/43分07秒647で今シーズン5勝目を挙げ、初のワールド・チャンピオンに輝いた。晴れ間がみえるも気温29度、路面温度34度と赤道直下の.....
【ログインして続きを読む】