ロードレース世界選手権(WGP)は12日、オーストラリア・フィリップアイランドで開幕し、125CCの予選1回目が行われた。この日は気温17度、路面温度16度で朝から断続的に雨が降り、風も強くコンディションは最悪の状態。選手も口々に「この風の強さでどうにもならない」ともらした。そんな中トップに立っ.....
【ログインして続きを読む】