第4戦スペインGP決勝
苦戦もしぶとく走り切り今季最高位の7位でレースを終えた中上(ホンダ提供)
苦戦もしぶとく走り切り今季最高位の7位でレースを終えた中上(ホンダ提供)
 【ヘレス(スペイン)遠藤智】ロードレース世界選手権(WGP)第4戦スペインGPは24日、決勝を行ったが、モト2の中上貴晶(カレックス)は7位がやっと。路面温度の上昇でフロントタイヤのフィーリングが変わり、ペースを上げられなかった。「フロントが不安定になり、なかなか攻められなかった。結果は残念だが.....
【ログインして続きを読む】