第4戦スペインGP決勝
 予選8番手から決勝に挑んだ中上貴晶(カレックス)は3周目の6コーナーでシモーネ・コルシ(スピードアップ)の転倒の巻き添えで転倒。再スタートを切るも、30番手までポジションを落として21位がやっと。「またコルシかという気持ち。あいつは何をしたいのか良くわからない」と怒り心頭だ。昨年もアメリカズGP.....
【ログインして続きを読む】