「学業に戻る。2輪の世界とはお別れ。自分が間違っていた」
 9日のロードレース世界選手権(WGP)第13戦サンマリノGPで、並走する選手のブレーキレバーを握ったモト2のロマーノ・フェナティ(22)=イタリア=が12日までに、行為が悪質だとしてイタリアの連盟からライセンス剥奪の処分を受けた。さらにシリーズを主催する国際モーターサイクリズム連盟(FIM)から.....
【ログインして続きを読む】