WGPのモト3クラスに出場するチームCIPのアラン・ブロネック監督(54)が16日、千葉県旭市の江ケ崎霊園を訪れ、モト2で所属ライダーだった故富沢祥也さんの墓参りをした=写真。

 富沢さんは2010年のサンマリノGPで19歳の若さで事故死。同監督はそれ以降、日本GPで来日するたびに必ず墓に足を.....
【ログインして続きを読む】