第6戦イタリアGP決勝
 【ムジェロサーキット ペン=遠藤智】予選5番手も信号無視のペナルティーで9番グリッドから決勝に挑んだSIC58の鈴木竜生は、8台のトップ集団に絡んで何度も首位に立ったが、最終周の攻防で8位にダウンした。チームのホームGPで初優勝を狙っていた竜生は「みんなタイヤが厳しかったはずで、表彰台に立つチャ.....
【ログインして続きを読む】