表彰台で歓声に応える小椋藍
表彰台で歓声に応える小椋藍
 モト3で3位に入ったホンダアジアの小椋藍(19)は4番手ゴールで、他車のペナルティーによる繰り上がり表彰台に、複雑な心境だ。「うれしいけど悔しい。3位表彰台で悔しがる自分がいて良かった」とほほ笑む。終盤に大きく追い上げたが「またも2周から3周(先頭を争うには)足りなかった」と反省。ラッキーだった.....
【ログインして続きを読む】