タイトル争いに明暗〜ポジャーリ一転2位、ペドロサは3位
マレーシアGP125CCで珍事
転倒して9位が一転2位となり救われたポジャーリ
転倒して9位が一転2位となり救われたポジャーリ
 ロードレース世界選手権(WGP)第14戦マレーシアGPの125CC決勝でとんだハプニングが発生した。13日、セパン・サーキットで行われたレースで、本来はトップの選手に降らなければならないチェッカー・フラッグを下位の選手に振ってしまったことから、19周だったものが18周とされて成立してしまったもの.....
【ログインして続きを読む】