レース1はザクゥアン・ザイディが2位表彰台
小山知良が3位表彰台に上がる
2014年11月9日(日)・決勝  会場:チャーン・インターナショナル・サーキット  天候:晴れ  コースコンディション:ドライ

 アジアロードレース選手権の第5戦は、14年ぶりにタイで開催されました。バンコクの北東410Kmの位置に、新たに建設されたチャーン・インターナショナル・サーキットがその舞台。ライダーたちは初のコースに挑むことになりました。ドイツ人設計者兼オートレーサーのヘルマン・ティルケ氏によって設計されたこのサーキットは、距離が4.554kmで12のコーナーを備えています。コーナーの数は右コーナーが7つと、左コーナーが5つ。コースの最大の特徴は、1kmにも及ぶロングストレートで、トップスピードは時速300kmを超えます。

 各クラスともタイトル争いが大詰めとなり、第4戦を終了時点で、スーパースポーツ 600ccのポイントリーダーは藤原克昭(カワサキ)。2位にザムリ・ババ(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)で33ポイント差、3位に玉田誠(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)で35ポイント差と続いています。ババは、第4戦鈴鹿大会で転倒し、ケガをしたことで、参戦できるか心配されていましたが、リハビリを耐えて復帰を果たしました。

 予選では、ラタポン・ウイライロー(Thai Honda Racing)がポールポジションを獲得。レース1は伊藤勇樹(ヤマハ)がホールショットを奪い、そのまま優勝のチェッカーを受けました。2番手争いはザクゥアン・ザイディ(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)と小山知良(T.Pro Yuzy Honda)、ジャックリット・サワンサワット(A.P.Honda Thailand)がセカンド集団から抜け出します。3台は各コーナーで幾度となくポジションを入れ替えました。小山はファステストラップを叩き出しつつ主導権を握りますが、最後はザイディが先行して2位。3位に小山、4位にサワンサワットとなりました。玉田はウイライローと5番手争いを繰り広げ、5位を獲得しました。注目のババは、転倒を喫してノーポイントでした。

レース2は小山が2位フィニッシュ、3位にザクゥアン・ザイディ

玉田誠は5位/4位、ババは奇跡の復帰を果たしてレース2で5位

 レース2も伊藤が飛び出し、それを小山とザイディが追う展開。しかし、伊藤はレース1のように逃げることができず、最終ラップまで、3台が激しいトップ争いを繰り広げながら周回を重ねました。そして勝負は、最終ラップの最終コーナーでの攻防に。小山が伊藤を捕らえますが、クロスラインとなって伊藤が逃げ、小山、ザイディが僅差で続いてチェッカーを受けました。玉田は追い上げのレースとなり、4位でチェッカー。ババはウイライローとの5番手争いを制して5位、ウイライローは6位でした。

 伊藤が両レースを制したことで、タイトル争いの様子は大きく変化しました。伊藤はランキングトップの藤原を7ポイント差で追うことに。ザイディが3位、玉田が4位、小山が5位、ババが6位となり、この上位6人にタイトルの可能性があり、最終戦を迎えます。

 アジアドリームカップは、ランキングトップのカイルール・イダム・パウィが両レースで2位に入り、最終戦を待たずに初のチャンピオン獲得となりました。

 レース1は、8ラップで争われる予定が7ラップでチェッカーが振られ、最終ラップに入った時点でのポジションがリザルトとなりました。トップは8台で争われ、そこから2台が転倒で脱落。最終ラップの攻防で、マシンが接触する激しさをみせる中、アディティア・パンゲストゥが優勝。2位にパウィ、3位に森俊也が入りました。5位は名越哲平、7位は黒木玲徳でした。

 レース2は8ラップの戦い。9台による大集団のトップ争いから、最終ラップに森とパウィが抜け出して一騎打ちとなり、森が制して初優勝。そして、2位に入ったパウィが初のチャンピオンに輝きました。3位にはパンゲストゥが僅差で続き、表彰台に上がりました。4位に名越、6位に黒木が入りました。

 パウィはアジアドリームカップにおいて、日本人以外での初のチャンピオン。当然、同時にマレーシア人としても初という、栄誉に輝きました。
 ザクゥアン・ザイディ(スーパースポーツ 600cc 2位/3位)
 「トップ争いに加わりながらも、勝つことができずに残念です。最終戦では、マシンのセッティングをもっとしっかり煮詰め、僕も努力を重ね、トップ争いで前に出られるようにしたいです」

 小山知良(スーパースポーツ 600cc 3位/2位)
 「決勝の朝に行われたウォームアップの2周目に、他車に接触されてしまい、メディカルセンターへ運ばれました。痛みはありましたが、レースをあきらめるわけにはいきませんでした。マシンは、スタッフの懸命な修復により復活。序盤は、マシンのフィーリングを確認しながら、8番手あたりを走行しました。中盤からペースをアップして、身体の痛みと戦いながらも、ファステストラップを出すことができました。その後は2番手を争う集団に追い付き、3位でチャッカーを受けられました。レース2は、ファステストラップとサーキットレコードを出してトップ集団に追いつき、ラストラップの最終コーナーでトップに浮上しました。しかし、立ち上がりのクロスラインで抜かれ、2位になりました。最終戦カタールは優勝だけを狙いにいきます」

 玉田誠(スーパースポーツ 600cc 5位/4位)
 「新コースのレイアウトでは、1コーナーから伸びるロングストレートと、2コーナーから伸びる上りのストレートで離されてしまいました。体重を3kg落として挑んだのですが、追いつけませんでした。インフィールドでは勝負できたのですが。予選では不順な天候でアタックのタイミングを逃してしまい、グリッドが悪く3列目。そこからの追い上げになったことも、厳しいレースになってしまった要因です。最終戦に向けて、さらに体重を落として、予選からしっかり前に出ていこうと思います。やれることを最大限にやり、勝ちにいきたいです」

 ザムリ・ババ(スーパースポーツ 600cc リタイア/5位)
 「鈴鹿でケガをしてから2カ月、動くことができずにいました。しかし、医師がすばらしい仕事をしてくれて、リハビリがとてもうまくいったことで、参戦できました。タイトル争いをあきらめるわけにはいきません。最大限の努力をして、間に合わせました。1レース目は転倒してしまいましたが、2レース目は走りきれました。最終戦では、もっといい走りができると思います。最後まであきらめずにがんばりたいです」

 カイルール・イダム・パウィ(アジア・ドリーム・カップ 2位/2位)
 「鈴鹿戦のようにダブルウインで飾って、チャンピオンになりたかったです。せめて、どちらかのレースで勝ち、タイトルを決めたかったのですが、残念ながらそれはかないませんでした。レース1では混乱がありました。それでも、終わってみればチャンピオンを獲得できました。こんなにすばらしい時間を持てたのは、チームのサポート、家族や友達の支えのおかげです。とても感謝しています。ありがとうございました」

 森俊也(アジア・ドリーム・カップ 3位/優勝)
 「レース1は8ラップの予定が、7ラップでチェッカーが出ました。トップ集団にいて、最終ラップに向けてスパートをしようと思った矢先のチェッカーでした。アクセルを緩めることなく走行するライダーと、スロー走行になるライダーが混在する危険な状況になり、転倒するライダーもいました。どうして1周少なくなったのかは、説明がないため分かりませんが、3位になれたのはラッキーでした。2レース目は、これまでにないくらいの大きなトップ集団となり、難しいレースでした。1レース目のことがあったので、常に前に出ようという作戦で、優勝することができました。やっと、ドリームカップの戦い方が見えてきた気がします。最終戦では、ダブルウインを目指します」

 名越鉄平(アジア・ドリーム・カップ 5位/4位)
 「今回は新しいサーキットのため、皆が同じ条件でした。そのため、自分のモチベーションは高く、自信もありました。フリープラクティスから、ライダー、マシンともにいい感じでした。予選で5番手となり、日本人最上位のセカンドローからのスタートでした。フロントローを狙っていたので悔しい気持ちもありましたが、トップ争いに加われる位置にいたため、決勝に向けて戦略を練りました。レース1は、スタートからトップ争いに加わりましたが、8周のはずのレースが7周でチェッカーフラッグ。5位に終わってしまいました。レース2は、トップ争いを演じながらも、最終ラップで集団の後方まで下がってしまい、追い上げに時間がかかったため、トップを逃がしてしまいました。最終コーナーで3番手争いのブレーキング勝負をしましたが、届かず4位に終わりました。ここまで、すべてのサーキットで表彰台に立っていたのが、5戦目で初めて、逃してしまいました。約2カ月のインターバルで、たくさんのことを吸収してきました。ですが、自分ではやったつもりでも、ライバルたちはもっと練習をしていたのかもしれません。とても悔しい気持ちでいっぱいです。次戦は最終戦です。今自分にできること、しなければならないことを、しっかりとやって最終戦に挑みます。口ではなんとでも言えます。口だけでなく、自分が今まで学んだことと、これからの努力を、最終戦でしっかりと結果につなげたいです。応援、サポートをしてくださっているたくさんの方々に、優勝という形で恩返しできればと思っています」

 黒木玲徳(アジア・ドリーム・カップ 7位/6位)
 「初開催となったコースは、路面が綺麗で、走りやすいと感じました。とにかく、優勝だけを目指してがんばりました。1レース目は、パッシングのタイミングや場所をうまく見つけられず、トップ集団の後ろを走行しました。2レース目はその反省を生かして、抜くポイントを考えて走りました。トップ争いに加われたのですが、前には出られずに終わってしまいました。残り1戦となりました。最終戦で今年一番の走りができるように、考えて準備をしたいです」(HONDA)